成猫用キャットフード

キャットフードには、大きく「子猫用」「成猫用」「シニア用」の3つのタイプがあります。猫は1歳ぐらいまでには体が作られます。この1歳までの成長期には多くの栄養が必要です。そのためには、高カロリーなキャットフードが必要です。子猫用のキャットフードは成長期にかかせない栄養が十分に含まれています。しかし、子猫用のキャットフードを成猫に与え続けると、あっという間に肥満猫になってしまいます。成猫には適正なカロリーのキャットフードが必要です。

成猫とは、1歳~7歳までの期間です。7歳以上からはシニア猫になります。シニアになると運動量や食べる量が少なくなり、必要なカロリーも少なくなります。低カロリーで栄養が豊富なキャットフードがオススメです。

成猫用のキャットフードは、様々な種類のものが販売されています。アレルギーや病気を持っている猫には、それぞれの症例に対応したキャットフードが必要ですが、健康な愛猫であれば特に特別なキャットフードは必要ありません。

成猫用のキャットフードを選ぶ際に注意したいポイントがあります。一つ目は、原材料です。原材料に「○○ミール」や「肉副産物」などと曖昧な表現のものは注意しましょう。粗悪な素材が使われている可能性があります。肉や魚などきちんと名前がわかるものを選びましょう。もっともオススメなのは、良質な「動物性タンパク質」がメインのものです。

また、添加物などにも注意が必要です。「ペットフード安全法」で使用が認められている添加物の中には発ガンの危険性が指摘されているものがあります。「エトキシン」「BHT」「BHA」などと記載されているものは避けた方が良いでしょう。合成着色料なども健康を害するものもあります。添加物などは極力天然のものを使ったキャットフードがオススメです。

キャットフードには「穀物」を使用しているものも少なくありません。「トウモロコシ」や「小麦」「お米」などからタンパク質は摂取できますが、穀類は消化吸収が悪くアレルギーの原因にもなる可能性があります。キャットフードは穀物がメインでなく肉や魚がメインのものがオススメです。

ディスカウントストアなどでは格安のキャットフードが数多く販売されていますが、愛猫の健康のためには、より体に良いキャットフードを選ぶことも大切です。