その1へ←
→120%ヘラクレスの栄光
栄光への死闘

〜リトルモンスター編その2〜

ヘラクレスのゆくてを阻むリトルモンスター達だ
みんな見た目がリアルなうえ、
名前までひとクセもふたクセもあるスゴいヤツらばかりだぞ

基本的に左から弱い→強いの順に並べているぞ。

海坊主三兄弟

海の敵はみんな強敵ばかり、
この表面のイボがまぶしい海坊主三兄弟もしかりだ。

ところで
「シーピープル」「海の巨人」どちらも意味は「海坊主」ではないのか?
なんていうのは意地悪なツッコミか・・・?!
 


 
ひる三兄弟

ひらがなで「ひる」と表記されると、
不気味な姿に反して
何故か親しみが生まれるようだ。
「りょくひる」とは・・・卒倒モノのネーミングセンスである。

「レッドがいこつ」の如く「ブルーひる」「グリーンひる」としなかったのは
何でも体系付けるのを好む日本人への挑戦か?
 


 
かえる三兄弟

終盤、ピラミッドとその周辺に登場する「かえる三兄弟」である。
説明書によれば「ウシガエルが姿を変えた」ヤツらしい。

「フロッグログ」「フロッグザウ」の「ログ」「ザウ」とは何なのか?
やはり意味不明である。

 説明書では「強敵」とあるが、見かけどおり・・・弱い。
 しかし、大量の経験値をもっているのだ(周辺の敵の約10倍)。
 ド@クエのメタルスライムの様に倒し難いわけでもなく、
 簡単にしとめることが出来るので、どんどんレベルがUPしていき、
 ピラミッド以降、突然ゲームバランスが崩れてしまうことになる。
 


 
術使い三兄弟

ド@クエで使われていた「まほうつかい」「まじゅつし」という表現を避けて
「まじゅつつかい」となったと思われる。
まさに「闘人魔境伝ヘラクレスの栄光」の真骨頂
といえるネーミングだ。

この術使い三兄弟、マジックを多用してくるため
序盤は全く歯が立たない強敵なのだが、
しかし、この三つの強さの違いがあまりよく分からない。

みなさんお気づき思うが
基本的に三兄弟のグラフィックは弱いものから順番に左向き→右向き→左向き
となっている。しかし、この術使い三兄弟は全部同じ向きなのである。

開発スタッフ自身、強さの違いを区別できずにこうなかったのか・・・?
多くの謎を残している。
 

その1へ←
→120%ヘラクレスの栄光
*注:“三兄弟”というのは代表の勝手なネーミングだということを御了承願いたい