なんと、
あの巨匠:遠藤雅伸御大とのながーい雑談が実現したぞ
10万人突破記念で公開した前編に続き、リニューアル記念に後編も公開。

2002年8月19日、場所は
遠藤雅伸氏率いるゲームスタジオのコンシューマー最新作
『DT〜ローズオブゲノム〜』(GB・GBC)のシャ ル坊氏企画のDT関西対戦会にて。

午後7時過ぎ遠藤氏登場・・・というか
ドルアーガのファンファーレが鳴るわけでもなく(笑)
普通にシャル坊氏宅に上がって来られたし、
トレードマークの眼鏡もかけてなかったので
「ホンマに遠藤たん・・・??」という、 なんとも変な感じ。
某巨大掲示板での遠藤氏の暴れっぷりを知っているものの、
実物の巨匠といったいどういうスタンスで接すればいいのか??
初対面の代表は戸惑ったのであります。 

とりあえず持参のゼビウスのインストカードにサインをゲット!
ゼビウスインストカード
遠藤氏のお土産の品、阪神百貨店地下のイカ焼きを頬張りつつ
恐る恐る質問とかしてみると
『ネットでもリアルでも基本的に同じスタンスで接する』とおっしゃるとおり、
まさに気さくなオッチャンという感じ(スミマセン・・・でも誰にでもってわけでもないみたい)。

最初は「まぁ一言二言お話できたらラッキー」って感じだったのに
おうちの中というシチュエーションも手伝って
こちらもだんだんリラックスしてきて・・・
わりとあつかましくアタックさせていただきました。

ファミコン小市民代表・オクダカク代表と遠藤たん遠藤雅伸御大(以下:御大)

 


遠藤氏と交わした雑談の中から とりあえず
まず前編はファミコンサイトらしくファミコン時代の話
後編は最近の話題(ケータイアプリ、DT、カードゲーム)
に分けてまとめさせていただいた次第。
とくに後編の話はクリエイター志望の一人という立場で質問させてていただいてたんで
クリエイター志望の方々も必見の内容(?)ですぞ。
安易に「ゼビウス」と「ドルアーガ」のことしか聞かないインタビュー記事よりかは濃いと思います・・・(ワラ

 

<前編> ファミコン時代の話

●ウィザードリィ
●Zガンダムホットスクランブル
●ナムコのゲーム
●ゲームの楽しみ方
●ボタンいっこの美学
●カイの冒険

<後編>DT・カードゲーム・ケータイアプリの話

●DT・カードゲームその1
●DT・カードゲームその2
●ケータイアプリその1
●ケータイアプリその2
●ケータイアプリその3


文責:ファミコン小市民代表・オクダカク
遠藤氏の言葉はその場でメモしたわけでなく
代表の記憶によるモノなので少々ニュアンスが違 う可能性もあるということをまずお断りしておきます。
言葉尻だけ捉えて遠藤氏にツッコミ入れるようなことだけはやめてね 

 トップページに戻 る