猫が病気にならないキャットフード選び

愛猫にどんなキャットフードを与えていますか?

ペットショップやスーパーマーケット、ドラッグストアなど様々な場所で、様々なキャットフードが販売されています。その中から愛猫に合ったキャットフードを選ぶのは難しいかもしれません。しかし、「有名な国産メーカーだから」とか「格安だから」という理由だけでキャットフードを選ぶのは危険です。

現在日本で販売されているキャットフードは、平成21年に施行された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」によって安全性の基準が設定されています。これは、平成19年に米国で有害物質のメラミンが混入したペットフードで数多くの犬や猫が死亡し、そのメラミンが混入したペットフードが日本でも販売されていた事実が判明したことがキッカケでした。

では、今日本で販売されているキャットフードは全て安全なのかと言うとそうではありません。ペット先進国のイギリスやドイツなどと比較するとまだまだ遅れています。日本では、キャットフードは食品ではなく、「雑貨」に分類されています。ペット先進国は「食品」としての厳しい基準を設定していますが、日本ではかなり曖昧な基準になっています。

もっとも注意したいのが、人工の添加物です。キャットフードに限らず食品を長期保存するためには酸化防止剤などの添加物は不可欠ですが、その中には発ガンのリスクが指摘されているものがあります。「エトキシキン」「BHA」「BHT」などと記載されているものは避けた方が無難です。また、合成着色料も健康を害する可能性があります。特に、「赤色○○号」「黄色○○号」「青色○○号」には注意しましょう。

また、原材料もチェックして下さい。「○○ミート」「肉副産物」などと表示されているものは、普段食べないような粗悪なものが使われている可能性があります。きちんと肉や魚の名前が示されているものを選んで下さい。

「トウモロコシ」や「小麦」、「米」など穀物がメインの材料になっているものにも注意が必要です。アレルギーなどを引き起こしやすくなるので、動物性タンパク質がメインのものがベストです。

愛猫が病気にならないようにするためにも、良質のキャットフードを選ぶようにしましょう。良質なキャットフードとは、肉や魚がメインの動物性タンパク質で、人工の添加物や合成着色料を使用していないものです。「グレインフリー(穀物不使用)」であれば、なお良いですね。愛猫のために、キャットフード選びは慎重にして下さい。